【公式】日本バイヤーズ・エージェント協議会

JBA事務局から皆様へのお知らせ

誰ひとり本が被らない奇跡「オンライン伊丹坂読書会」

 

 毎月一回、参加しています。
テーマの本を読み、当日、参加者が感想を発表しあう。
シンプルながら、主催者の桔梗坂書店さんと、古書みつづみ書房の三鼓由希子さんや、常連参加者さんが、初参加者にも話しやすい場を作ってくださるので、とても居心地が良い読書会です。

 

4月のStayHomeから毎月参加して、男とは/女とは/旅/海/怪/花。そして記念すべき10回が、10月9日に開催、テーマは「夢」でした。

 

赤い曼殊沙華

 

記事の間の写真は、「花」の時に関西の方が紹介された「牧野富太郎」。

 

白い曼殊沙華

 この牧野富太郎記念庭園が、なんと、うちの最寄り駅から徒歩5分の所にあったので驚き!行ってきました。その写真を数枚ご紹介しながら、続けます。

 

 実は、普段、全く本を読んでいません。
その為、このオンライン読書会のために、テーマにあう本を選び読んでいます。
初参加の「男とは」では、シャルソンで尊敬する佐谷恭さんの「ありえない」をブームにするつながりの仕事術」をご紹介。
https://yumelog.com/kyosatanipaxi-20190106/

 

「旅」では、温泉ソムリエで実際にお会いしてサインをいただいた飯塚玲児さんの「温泉失格」をご紹介しました。
https://yumelog.com/onsen20200620/

 

それ以外の、「女とは」「怪」「花」「夢」は何を読んだのか?

 

 実は、我が家は店舗居宅(元薬局)の中古住宅を購入してまして、前の家主さんが置いて行かれた古本がいっぱいあるんですね。その中から選んで、発表しています。

 

これがまた、とても好評なので、「いいわ~、前の家主さんシリーズ。」「ぜひご本人にも参加してもらいたい」と喜ばれています。

 

 これはわたしが、本を読んで、テーマに合わせて、どこを紹介し、どうストーリーを創るか考えて、どう見せたらZoomで見えるか確認して、何分かかるか測って、練習して挑んでいます。

 

そこまでしてるの?!コストかけすぎと、突っ込まれそうですが。
実は、反応を見て、好感触のものを、いいね!創造村の学校の585円の授業にすることにしました。

 

本来の参加者さんは、そんなことしてないですよ。
オンライン伊丹坂読書会では、健全な古本屋さんのプロと、読書好きの皆さんの溢れる読書愛に触れて、本と人生の面白さを体感させていただいています。

 

 わたしにとっては、テーマに合う本を探し、読み、発表する、参加していること自体が「活動(知識の拡充体験)」なので、読書というより仕事になりますが、参加していること自体が、半分人として「癒し」になっていて、とてもありがたく嬉しいです。

 

主催者の桔梗坂書店さん(ラジオ聞いて下さりメッセージありがとうございました!嬉しかったです☆)、古書 みつづみ書房の由希子さん、参加してる皆さん。
このようなご縁を、ありがとうございました!

 

 由希子さんには、GomiZero.ARTにも参加いただき、ありがとうございます!
https://mawashiyomi.wordpress.com/2020/08/01/gomizero-art-july-2020/

 

10/30(金)に、12:00-13:00まで一時間、よみうりランドの観覧車からワーケーションするので、見てくださいね~!【10月の村の開放日】

 

お暇な方は…以前書いた「わしたの読書ベスト5」
https://www.facebook.com/iine.cc/posts/397093418361918