【公式】日本バイヤーズ・エージェント協議会

JBA事務局から皆様へのお知らせ

誰ひとり本が被らない奇跡「オンライン伊丹坂読書会」

 

 毎月一回、参加しています。
テーマの本を読み、当日、参加者が感想を発表しあう。
シンプルながら、主催者の桔梗坂書店さんと、古書みつづみ書房の三鼓由希子さんや、常連参加者さんが、初参加者にも話しやすい場を作ってくださるので、とても居心地が良い読書会です。

 

4月のStayHomeから毎月参加して、男とは/女とは/旅/海/怪/花。そして記念すべき10回が、10月9日に開催、テーマは「夢」でした。

 

赤い曼殊沙華

 

記事の間の写真は、「花」の時に関西の方が紹介された「牧野富太郎」。

 

白い曼殊沙華

 この牧野富太郎記念庭園が、なんと、うちの最寄り駅から徒歩5分の所にあったので驚き!行ってきました。その写真を数枚ご紹介しながら、続けます。

 

 実は、普段、全く本を読んでいません。
その為、このオンライン読書会のために、テーマにあう本を選び読んでいます。
初参加の「男とは」では、シャルソンで尊敬する佐谷恭さんの「ありえない」をブームにするつながりの仕事術」をご紹介。
https://yumelog.com/kyosatanipaxi-20190106/

 

「旅」では、温泉ソムリエで実際にお会いしてサインをいただいた飯塚玲児さんの「温泉失格」をご紹介しました。
https://yumelog.com/onsen20200620/

 

それ以外の、「女とは」「怪」「花」「夢」は何を読んだのか?

 

 実は、我が家は店舗居宅(元薬局)の中古住宅を購入してまして、前の家主さんが置いて行かれた古本がいっぱいあるんですね。その中から選んで、発表しています。

 

これがまた、とても好評なので、「いいわ~、前の家主さんシリーズ。」「ぜひご本人にも参加してもらいたい」と喜ばれています。

 

 これはわたしが、本を読んで、テーマに合わせて、どこを紹介し、どうストーリーを創るか考えて、どう見せたらZoomで見えるか確認して、何分かかるか測って、練習して挑んでいます。

 

そこまでしてるの?!コストかけすぎと、突っ込まれそうですが。
実は、反応を見て、好感触のものを、いいね!創造村の学校の585円の授業にすることにしました。

 

本来の参加者さんは、そんなことしてないですよ。
オンライン伊丹坂読書会では、健全な古本屋さんのプロと、読書好きの皆さんの溢れる読書愛に触れて、本と人生の面白さを体感させていただいています。

 

 わたしにとっては、テーマに合う本を探し、読み、発表する、参加していること自体が「活動(知識の拡充体験)」なので、読書というより仕事になりますが、参加していること自体が、半分人として「癒し」になっていて、とてもありがたく嬉しいです。

 

主催者の桔梗坂書店さん(ラジオ聞いて下さりメッセージありがとうございました!嬉しかったです☆)、古書 みつづみ書房の由希子さん、参加してる皆さん。
このようなご縁を、ありがとうございました!

 

 由希子さんには、GomiZero.ARTにも参加いただき、ありがとうございます!
https://mawashiyomi.wordpress.com/2020/08/01/gomizero-art-july-2020/

 

10/30(金)に、12:00-13:00まで一時間、よみうりランドの観覧車からワーケーションするので、見てくださいね~!【10月の村の開放日】

 

お暇な方は…以前書いた「わしたの読書ベスト5」
https://www.facebook.com/iine.cc/posts/397093418361918

国境を超えて全世界共通で交流できる「オンライン・インスタミート(Instameet Community Japan)」

f:id:LGG:20200911173247j:plain

インスタミートとは、月に一度、写真が好きな人が集まり、写真を撮りながら散策するMeetUPです。撮った写真はInstagramに投稿して楽しみます。

2017年よりTravelブロガーのHai HuynhさんとJessica Kortemanさんが主催のインスタミートに参加しています。

彼らは日本で7年間オーガナイザーを務め、出産のために2019年にオーストラリアに戻りました。

インスタミートの良さは、集合に遅れても、途中参加、途中解散も、Instagramをしていなくても、カメラを持っていなくても、写真を撮る気がなくて友達と一緒に参加したいという気軽さでもOK!笑顔で歓迎してくれる、フランクな暖かさがとても好評でした。

8割が英語を話す日本在住の外国人のかたたちで、英語が飛び交い、海外旅行に行った気分になります。

しかし、ストイックに容赦なく長距離を徒歩で移動するので非常に良い運動になっていました。途中のコンビニでのアイスクリームタイムの嬉しかったこと!疲れも吹き飛び癒やされました。

また、移動途中で面白そうなシャッターチャンスや写真スポットがあれば、そこでモデルになったり撮ったりを楽しみました。

各自が撮りたいものを撮りたいように好きに撮ることが尊重されているインスタミートは、今も毎月ホストがオンラインでテーマを変えて開催しています。

オンラインで開催するようになって最初は、一緒にお料理を作ったり、撮った写真を発表しあったり、思い出を語ったりしながら模索していました。

f:id:LGG:20200911173339j:plain

五回目となる8月は、午後の散歩というテーマで、今までの本来のインスタミートを踏襲して、ミーティングをオンラインでZoomで話し合い、午後は解散して各自が撮影に出掛けることになりました。

勿論、地域や国によっては、外出規制や密にならないよう配慮が最大限必要です。

皆、大いに自覚して、人に感染させない、自分がうつらないように気をつけて写真撮影を楽しみ投稿していました。

やっと今までのインスタミートが少し戻ってきた気がします。

ずっと一緒は厳しい。

日本のテレワークもそうです。仕事と休憩とスイッチのオンオフは必要です。

テーマについて話しあい情報交換、近況報告をしあったら、各自が撮影をして期限までに投稿する自由が保たれている。

インスタミートは、現地で必ず会わなくても、集合しなくても参加できる、オンラインで交流することが可能であると言う証明になったと自覚します。

以下、オーストラリア在住のオーガナイザーの興味深いお話し。

・メルボルンはピザは5ドルから

・ドーナッツは12個で3ドル。つい買ってしまう

・オーストラリアの日本食のお店はフレンチなみの高級食の値段

・日本のラーメンのお店⇒めちゃ高い。20ドル近く。

・一番お手頃の日本食がフィッシュ&チップス。手軽だが健康的じゃない

・日本食が恋しい

・日本のカレーを沢山買ってきたので今でもカレーは日本の味

国を移動出来るようになるまでは、まだまだ安全な道のりは遠そうですが、日本食を恋しいと言ってもらえると嬉しいです。

他の写真は↓↓

Days.CAM | Instameet Community JP:August 2020(Afternoon Walk)

https://yottakari.wordpress.com/2020/08/31/instameetafternoonwalk/

自分と大切な人を守る「WEB市民公開講座 参密奪回作戦〜ぶっちゃけどうなの?新型コロナ」

f:id:LGG:20200901123326j:plain

4月のSteyHome中から、ずっと見ていました。
お子さんを持つお母さんや、学校の先生など「コロナ対策わからない」というお声を聞けば、都度、こちらをお伝えしてきました。

Zoomウェビナーで誰でも視聴参加できる、現役のお医者様からコロナのお話しが聞けたり質問できる貴重な「WEB市民公開講座」です。当日参加できなくても、アーカイブがYouTube動画で見れます。
ここでいう「参密」とは、いずれ取り戻したい3密にかけて、WEBだけど「参加型」「密着型」の公開講座ですよ、という意味。
危機感をあおったり不安になるのではなく、冷静に、わかっていることで、必要なこと、できること=正しい知識で、正しく行いましょうを、私たちに伝えてくれる、貴重なウェビナーです。

夏休みも終わり、学校が始まるタイミングで、改めて、皆さんにもまた今一度見ていただけたらと、お勧めします。

最近見た中で、一番印象的だったのは、医療系記事を長年取材執筆され、コロナに関するテレビのコメンテーターさんの記事なども書かれた、ジャーナリストの村上和巳さん。
患者から見た信頼できる医者として最も大切なものは何か?という問いに「共感力ですかね」というお言葉。

共感力。
この言葉の持つ意味は大きいです。
これから、状況は刻一刻と変化していくでしょう。
様々な想定をして柔軟に対応できる「相手を思いやる共感力」
忘れないよう、心に置いておきます。

アーカイブを見れば、わかりますが、感染対策をまとめておきます。

ポイントは5つ!
基本は、こどもも大人も一緒です。

1.一番大事なのは、しっかりと手を洗う=接触感染予防
(アルコール消毒もOK)
触る前、触った後に、手を洗う習慣をつける。15秒以上洗う
とにかく手に付着して、口や鼻から入るので、
自分の感染予防として、手を洗い、消毒すること。

2.マスクを正しく着用する=飛沫感染予防
マスク→自分の飛沫が飛ぶのを防ぐ=相手を感染させないためのもの
せき、くしゃみの時は、「忍者のポーズ」で「咳エチケット」
暑いとき、運動中、ひとりだけ、誰もいない場合は、マスク外してもOK
街中や歩行中は、人との距離をとること
マスクの表面を触らないこと。紐をもって場所を決めてぶら下げる

3.換気をしっかりすること
ドアと窓、対角線上に必ず開けて風の通り道を確保

4.3つの密を避けること→密閉・密集・密接
(飛沫が飛ばない距離と声の大きさを、わたしは個人的に気を付けてます)

5.こども達に正しい教育を!
職員、先生、子どもたち、ひとりひとりが感染しない・自分を守るために
正しい知識を身に着けることが大事。
「やらせない」のではなく「しっかりと教育する指導する」
こどもたちが、物に触れる前後に必ず手を洗う習慣を身に着ける!
こどもたちに、感染対策予防の基本知識、大切さを、大人が、しっかりと教えよう!

▶▶ここでアーカイブが見れる!
過去のアーカイブ動画が観れます!
後藤先生が何回も何回もおっしゃってます。
・誤解したまま→感染を防ぐつもりが、逆に広める行為になる可能性がある
正しい知識で、正しく行う。
マスク、フェースシールド、誰を守るためなのか。

介護現場、学校の先生、こども達と過ごすお仕事の方(施設や福祉現場の方)、お教室や飲食店など対面営業をしている皆さん。
一般の私たち全員が「必要な情報」がココにあります。
正しい知識を身につけ、正しく行い、正しく予防する最善を尽くす。
安心して出来る範囲でご自身の活動、お仕事、生活をしていきましょう!

▶▶過去のアーカイブページ

hospital-marketing.jp

【8つの感動】それぞれの場所でtemplemorning 

オンラインで東京と地方と世界とつながりましょう。
会員相互で、共に学び、人間性を豊かにし、社会活動や社会に提供する仕事を磨いてまいりましょう。

長年ご提供してきた「オンラインの不動産相談」の原点に立ち返り、オンラインを活用して、様々なコミュニティに参加し知見を広げ、会員皆様に共有します。

 

f:id:LGG:20200822105210j:plain

それぞれの場所でtemplemorning 8つの感動を味わう

愛知県名古屋市の、教西寺さん(浄土真宗本願寺派)では、毎月2回(1日と16日)、「お寺の朝/templemorning」が開催されています。

4/3から6/6まで、一歩も外に出ない徹底したStayHomeをしてました。
その間、毎日幾つもオンラインイベントに参加しており、Facebookで見つけて参加したのがきっかけで、以来、毎回参加しています。

7時半から、お経が始まり、一緒に聴いて、この半月を振り返る。
お掃除の時間に掃除をして、Zoom参加の方は、軽くお話しする。
この様子はFacebookでライブ動画配信されているので見ることが可能です。

調度、義母が一月に亡くなり、遺骨は我が家にあります。
一番最初、朝7時半、寝室で真っ暗な中。

スマホで布団で寝ながら、Facebookライブ動画を見ました。

すると、


1.【金色のお寺】金色の綺麗な明るいお寺
2.【美文字】綺麗な書文字のお経・ふりがなつき!
3.【アナログ】その紙を手で横にスライド手動!!
4.【美声】スライドしてる奥様もお坊さんと一緒に歌う!
その声が美しい!!!

美しいお寺、美しい文字、美しいお声にビックリしました!!

そして、お掃除の時間。
そのままFacebookライブ動画を見ていると。
奥様が、外に出て、掃き掃除をされたんです。

手でスマホを持ちながら見せてくれたのが斬新でした。
更に感動したのは。

5.【音】外を吐く箒の音が、新鮮!
6.【自然】外に出ているお花や植物が綺麗!
7.【声がけ】出掛ける人に「いってらっしゃーい!」

 。

日常の自然なことが、
・家から一歩も外に出ず、テレビやニュースを見ないで、オンラインイベントに参加だけして、話すのは夫だけ
という非日常が続いていたStayHome中には、感動の嵐でした!
ありがたいことだらけだったんだなと、しみじみ思いました。

 。

最後に。思い返せば、義父母の家は、浄土真宗だったようなんです。
ですから、義母に、綺麗な声の綺麗なお経をお聞かせすることができて
天国から喜んでもらえたかな、と感謝の気持ちでいっぱいです。

 。

以後、毎回、Zoom参加していますが、毎回、面白い発見があり、楽しいです。
何よりも驚くのは、
8.宗派問わず関係なく参加できる
ということです。
全然違う宗派のお坊さんも参加されてますし、檀家さんでなくても参加できるというのは、とても意外でした!

興味深いエピソードなどもあるのですが、それはまた次回書きますね。

 。

次回の【それぞれの場所でtemplemorning】は、9月1日に開催されます。
詳しくはFacebookページをご覧ください。

https://www.facebook.com/kyosaiji



本部|活動の再開、および会員募集計画の変更に関するご案内

各位

 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。また、この度のコロナウイルスの影響を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 私共におきましても、2020年度より会員募集の再開はいたしましたものの、利用施設の閉鎖などもあり、予定しておりました広報活動ができない状況が続きました。

 また定款上では防災に関わる事業は可能ですが、未曾有の状況から災害に認定すべきか否かの議論などもございましたことから、NPO法人としての積極的な活動は控え、一方で理事長個人として、感染拡大防止のための情報収集、ならびに友人知人を通じての各自治体への提言などを行ってきました。

 そして市民の皆様の社会的な行動により、一定の安定な状況となりました今、改めて活動の再開をさせていただきたく存じます。

 しかしながら、対面を前提とした当初の会員募集計画は見直す必要がございますため、以下のような変更をさせていただきたく存じます。

■変更前
・2020年4月までに役員ならびに社員10名を決定
・会員募集は本部のある東京都の皆様を対象に対面での広報活動を行う
・先行で協働事業(移住.com/IENOTANE)を開始予定
・一般向け案内ページの開設(よったかり.com)

■変更後
・2020年度中に役員ならびに社員10名を決定し、2021年度より本格的な活動を行うべく準備期間とする
・会員募集はオンラインで行い、法律に定められた範囲内であれば役員も含めて居住地は問わない
・協働事業の中断(会員募集を優先)
・一般向け案内ページの廃止(当法人ページに一元化し、直接、会員用SLACKに転送)

 また、オンラインでの募集活動を強化すべく、理事長の個人コミュニティ(移住ソムリエ®︎まわしよみ新聞)内の有志による当法人への入会を目指します。

 なお、理事長との利益相反行為には該当致しませんので、その点についてはご安心いただければ幸いです。

(当法人の会員を理事長個人のコミュニティに統合するのではなく、理事長個人のコミュニティから当法人のコミュニティを創出する形になります)

 市民の皆様であれば、どなたでも無料でご参加いただくことができ、また当法人への入会義務はございませんので、ご興味がございます皆様の多くのご参加をお待ち申し上げます。

■KATARIBE.org (移住ソムリエ®︎まわしよみ新聞)
https://facebook.com/groups/mawashiyomi


■本件に関するお問い合わせ先
JBA|NPO公式ページ
https://jba.yottakari.com

本部|年末年始のお知らせ

各位

 師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、JBA|NPOでは年末年始の休業日につきまして、下記のとおり休業日とさせていただきます。
 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

敬具



■年末年始休業日
2019年12月28日(土)~2020年01月05日(日)

※2020年01月06日(月)より、通常営業を開始いたします。
※オンラインでの対応につきましては、休業期間中でも、一部、対応させていただく場合がございます。


皆様、良いお年をお迎えください!

本部|3代目 理事長ご挨拶

 旅する活動家の私の個人活動は「こども工房🙂」ですが、もう一つ大事な活動があります。

 

 それが継承させていただいたNPO法人の日本バイヤーズ・エージェント協議会(長いので皆様JBAと呼んでます)の再スタートです。

 私は3代目の理事長を務めるのですが、初の女性、初の「非」不動産事業者になります。

 

 元々は事務局のお手伝いで、サイトの更新、メールマガジンの配信、無料不動産相談への回答などをやっておりましたが、世代交代の時がやってきました。

 実はNPO法人としての目標を達成してしまっていたんです。

 

 もちろんJBAだけの力ではなく、それ以外の皆様のご尽力が圧倒的に大きいのですが、目指していた不動産取引の透明性と、購入者が相談できる環境が社会的に整い、あとは現役の皆様に任せておけば良い状況です。

 

 そこで解散する方向だったのですが、まだ何かできるのではないかと言うことで、私が継承させていただきました。

 

 そして、約1年間を新しくスタートするための準備に使わせていただきました。

(もちろん、定款に定められてない動きはできませんので、今までのJBAで、やり残した部分を中心に活動しながらリサーチを重ねていきました)

 

 すると重大なことに気づいたんです!

 

 確かに不動産仲介の事業者の皆様の中ではバイヤーズ・エージェントの理念は浸透してきましたが、これから先のバイヤーズ・エージェントは、仲介事業者だけではない状況でした。

 

 特に移住で人気の空き家物件は、譲渡だったり、安価だったりするので、個人間売買が珍しくなく、まさにそれをサポートするかたちでのバイヤーズ・エージェントが必要な状況でした。

(格安の空き家物件を従来の取引で行うには、あまりに不動産屋さんのコストやリスクが高く、非現実的でした)

 

 という訳で、当初は法人名も一新する方向だったのですが、法人名はもちろんのこと、定款すら変えずにできるのではないかと模索した結果、まさに今の時代に必要なNPO法人にできそうです。

 

 私の活動はもちろん、お会いした皆様も、間違いなく魅力的な、日本の未来のために、社会のために、役に立ち必要とされるNPO法人を核とした活動になるはずです!

 

 ぜひとも皆様のご協力と、温かいご支援をいただければ幸いです。

 

2019年11月
3代目JBA理事長 草柳安子(くさやなぎ・ちよこ)