【公式】日本バイヤーズ・エージェント協議会

JBA事務局から皆様へのお知らせ

本部|会員募集再開に関するお知らせ

各位

 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 大変お待たせしましたが、2020年度(2020年01月01日〜12月31日)より会員募集、寄付金の受付を再開させていただきます。

 なお、NPO法人としての特徴から、いくつかご留意いただきたい点がございますので、大変僭越ではございますが、ご説明させていただきます。
(様々な見解や考え方がございますが、JBA|NPOを説明する上で、分かりやすい表現をさせていただきますことを、予めご了承いただければ幸いです)

■NPOの使命は市民(不得意多数)への社会貢献への寄与です

 つまり、営利型の団体(一部の一般社団法人なども含みます)とは異なり、会員になることで「ご自身の事業が儲かる」と言うようなことはございません。
 また、趣味や遊びの団体とも異なり、会員限定特典などを提供することはございません(協働事業者からの提供は除きます)。

■ご参加いただくことは「JBA|NPO」の理念や活動への共感です

 つまり、JBA|NPOの事業に「いいね!」と感じてくださった皆様が、会員になってくださり、あるいはご寄付をくださり、この事業を持続させていきたい、させて欲しいという「皆様の温かいお気持ち」が、ご参加いただく理由なのです。

■共感いただいた皆様には、3つの選択肢がございます。

❶正会員(個人)
❷賛助会員(個人・法人)
❸寄付(非会員)

■それぞれの違いは、このようになります。

❶正会員は「自分も参加してJBA|NPOの事業を実施したい」という皆様
❷賛助会員は「継続してJBA| NPOの事業を発展させるための資金提供をしたい」という皆様
❸寄付は「単発でJBA|NPOの事業を実施するための資金提供をしてくださる」と言う皆様

 2020年度から開始します事業(「移住.com」と「IENOTANE」)と、オンラインコミュニティ(よったかり.com)は、約1年間強、中部地方を中心に実地でのリサーチやテストを行い、好評だったものから厳選しました。

 まさにJBA|NPOに相応しい社会貢献事業になっているものと確信しておりますので、ぜひ、多くの皆様のご参加、あるいはご寄付の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


■お問い合わせ先
JBA|NPO公式ページ
https://jba.yottakari.com
よったかり.com
https://yottakari.com

本部|年末年始のお知らせ

各位

 師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、JBA|NPOでは年末年始の休業日につきまして、下記のとおり休業日とさせていただきます。
 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

敬具



■年末年始休業日
2019年12月28日(土)~2020年01月05日(日)

※2020年01月06日(月)より、通常営業を開始いたします。
※オンラインでの対応につきましては、休業期間中でも、一部、対応させていただく場合がございます。


皆様、良いお年をお迎えください!

広報|2020年度からPR活動「旅するKABOOカフェ」を実施します

各位

 オンライン特化型のNPO法人、日本バイヤーズ・エージェント協議会(通称「JBA|NPO」)は、2020年度からリアルの場での広報活動の「旅するKABOOカフェ」を実施させていただきます。
 実施場所をご提供くださる皆様からのご連絡をお待ちしております。

【活動の概要】

目的:PR並びに寄付金の募集
実施日:毎月1日程度
実施予算:原則として0円
会場:ご提供いただくスペース
(無料でご提供いただける店舗やイベントなどの空きスペースなどを活用させていただきます)
実施内容:
 理事長(草柳ちよ子)がKABOOと共に会場内を巡って、皆様との記念写真を撮影し、オンラインに投稿します。
 会場には今までの記念写真や、各地で和紙に描いてくださったKABOOの作品なども展示します(協働事業者による提供)。
 なお、ご寄付をいただきました皆様には、KABOOのフォトカードや、福祉施設の皆様の作品などを御礼としてご提供させていただきます。
(反対給付に該当せぬよう、御礼はご寄付の額に合わせさせていただきますことを予めご了承ください)


■旅するKABOOカフェとは?
 「よったかり.com」をリアルの場で楽しむ広報活動です。
 未来からやってきた移住ソムリエのKABOOと一緒に写真を撮り、JBA|NPOのTwitter「まわター(まわしよみツイッター)」に投稿していきます。
 そのほか、オンラインで繋がることができる素敵な各コミュニティの皆様がお越しいただくこともあります。

■よったかり.comとは?
 新潟県長岡市の地域コミュニティの「よったかり場」をお手本に、JBA|NPOが独自に運営するオンライン上のコミュニティカフェです。
 「オンラインで繋がる地方と東京と世界」のスローガンで、各地の地域コミュニティ、趣味や遊びのコミュニティ同士を繋いでいきます。

■JBA|NPOとは?
 人と物件の流れを創出することで、多くの市民に対しバイヤーズ・エージェントの重要性を広く普及し、トラブルのない不動産取引を推進するNPO法人です。
 オンラインでの事業展開に特化し、「移住.com」を通じて旅するように移り住むためのヒントを、「IENOTANE」を通じてART視点の「住環境保全型」空き家対策の取り組みを、市民の皆様にお届けしています。

■補足事項
 オンライン上のコミュニティカフェ(よったかり.com)のイメージを浸透していく上で「カフェ」を冠していますが、旅するKABOOカフェでは許認可が必要な飲食物の提供は行いません。
 もちろん、移動販売のブースやカフェなどでの開催も歓迎です。


■お問い合わせ先
JBA|NPO公式ページ
https://jba.yottakari.com
よったかり.com
https://yottakari.com

本部|2020年度からの事業決定に関するお知らせ

各位

 皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 0円不動産が話題になり、日本でも個人間の不動産売買を支援するバイヤーズ・エージェントの存在が重要になる時代になりました。

 この0円不動産の背景にあるテーマが「移住」と「空き家問題」です。
 そこで2020年度から、先代までのオンライン上での不動産相談のノウハウを活かし、この2つをテーマにした情報共有事業(「移住.com」、「IENOTANE」)に取り組みます。
 東京の皆様には地方の情報を、地方の皆様には東京での活動を、それぞれオンラインで配信していきますので、皆様からのご支援、ご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。


■JBA|NPOの事業の特徴

 オンラインに特化することで、低コスト(少人数、低予算)で市民の皆様のためのヒントを提供していきます。
 従来は会員による情報提供が中心でしたが、今後は協働事業を中心に行い、従来では難しかった高度な情報提供を行なっていきます。
(協働事業にご興味がございましたら、お気軽に事務局までお問い合わせください)


■移住.com「旅するように移り住む」
(移住ソムリエ協働事業)
https://iju.to

 2拠点生活や子育てなど、移住はかつての永住ではなく、ライフスタイルやライフステージによって、居住地を移り住む時代になりました。
 一方で海外ではワーケーションやコリビングという、まるで旅するように移り住む生活をされている皆様も少なくありません。
 そのような社会的状況を踏まえ「市民生活における住まいの質向上のための知識の啓蒙」ならびに「住まいに関する外国の研究機関との連携」の事業として、移住.comでは市民の皆様への情報を提供していきます。


■IENOTANE「200年後の文化財」
(にこにこネット®︎ 協働事業)
https://IENOTANE.com

 少子高齢化により、地方だけではなく東京などの都市部でも空き家や空き店舗が目立つ時代になりました。
 一方で、都市部では世代交代などにより新しい家屋が隣接することも多いため、地域の防災面での課題となることも少なくありません。
 そのような社会状況を踏まえ「住まいの保全を図る活動」ならびに「住まいに関する防災対策の提言活動」の事業として、IENOTANEでは市民の皆様への情報を提供していきます。


特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会 
(通称「JBA|NPO」) 

3代目理事長 草柳安子(くさやなぎ・ちよこ)

広報|空き家問題の解決にバイヤーズ・エージェントが必要な理由

欲しい人がいて空き家が多いのに、買うことができない状況です。


一方で、従来型の売買仲介の業況は低下傾向です。
これからは、不動産も「個人が直接、売る時代」になってくる可能性が高いです。

お手本はフリマアプリです。

業者さんだけではなく、普通の人がスマホで簡単に出品していてます。

眠っている空き家が流通すれば、とても大きな経済効果があります。


こんな技術革新にも期待が寄せられています。
ただ、不動産は、建物や地域やご近所の状況を調べたり、リサイクル品よりも大変なのは事実です。

だから、個人売買をサポートしたり、セミナーやワークショップでノウハウをシェアする専門家が必要です。

その専門家こそ「バイヤーズ・エージェント」なのです。


バイヤーズ・エージェントが世の中に浸透すると、、、

フリマアプリ感覚で不動産の個人売買ができるようになり、、、

眠っている空き家が流通していき、、、

社会が元気になっていく!


ちなみに個人売買が盛んになることを不安に思う宅建業者の皆様もいらっしゃると思います。

確かに変化に対応できないと厳しいです。

実際、フリマアプリによる個人売買の活性化で、経営が難しくなったリサイクルショップもあります。

でも、長年の業者としての強みを武器に、フリマアプリやネットショップを活用し、大きく躍進したショップも多いのです。

そう、個人売買が流行ることで、市場規模が大きくなったので、逆に業者としての強みを活かせるようになったのです。


市民の皆様、不動産業界の皆様、ぜひ私たちと一緒に「バイヤーズ・エージェント」の重要性を拡散してください。

それが日本の未来のためになります。
決して、大袈裟ではありません。


[JBA|NPO事業紹介]
ART視点の「住環境保全型」空き家対策

f:id:LGG:20191230223031j:plain
IENOTANE|2222年の文化財
KABOO’s Home|ありがとうの家プロジェクト概要

本部|3代目 理事長ご挨拶

 旅する活動家の私の個人活動は「こども工房🙂」ですが、もう一つ大事な活動があります。

 

 それが継承させていただいたNPO法人の日本バイヤーズ・エージェント協議会(長いので皆様JBAと呼んでます)の再スタートです。

 私は3代目の理事長を務めるのですが、初の女性、初の「非」不動産事業者になります。

 

 元々は事務局のお手伝いで、サイトの更新、メールマガジンの配信、無料不動産相談への回答などをやっておりましたが、世代交代の時がやってきました。

 実はNPO法人としての目標を達成してしまっていたんです。

 

 もちろんJBAだけの力ではなく、それ以外の皆様のご尽力が圧倒的に大きいのですが、目指していた不動産取引の透明性と、購入者が相談できる環境が社会的に整い、あとは現役の皆様に任せておけば良い状況です。

 

 そこで解散する方向だったのですが、まだ何かできるのではないかと言うことで、私が継承させていただきました。

 

 そして、約1年間を新しくスタートするための準備に使わせていただきました。

(もちろん、定款に定められてない動きはできませんので、今までのJBAで、やり残した部分を中心に活動しながらリサーチを重ねていきました)

 

 すると重大なことに気づいたんです!

 

 確かに不動産仲介の事業者の皆様の中ではバイヤーズ・エージェントの理念は浸透してきましたが、これから先のバイヤーズ・エージェントは、仲介事業者だけではない状況でした。

 

 特に移住で人気の空き家物件は、譲渡だったり、安価だったりするので、個人間売買が珍しくなく、まさにそれをサポートするかたちでのバイヤーズ・エージェントが必要な状況でした。

(格安の空き家物件を従来の取引で行うには、あまりに不動産屋さんのコストやリスクが高く、非現実的でした)

 

 という訳で、当初は法人名も一新する方向だったのですが、法人名はもちろんのこと、定款すら変えずにできるのではないかと模索した結果、まさに今の時代に必要なNPO法人にできそうです。

 

 私の活動はもちろん、お会いした皆様も、間違いなく魅力的な、日本の未来のために、社会のために、役に立ち必要とされるNPO法人を核とした活動になるはずです!

 

 ぜひとも皆様のご協力と、温かいご支援をいただければ幸いです。

 

2019年11月
3代目JBA理事長 草柳安子(くさやなぎ・ちよこ)

本部|2代目 理事長ご挨拶

2018年12月
各位

 皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 私ども、特定非営利活動法人日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)は、2002年1月設立以来、16年にわたり消費者の立場に立った不動産相談受付サイトとして活動してまいりましたが、全国の心ある不動産業者さんに数多く助けていただきながら、様々なご相談内容に対してできる限りお答えすることを目標にしてきました。
 JBAの源流は、インターネット黎明期の1990年代半ばに日本で最初の不動産ポータルサイトとしてスタートしたReal Town Japan(RTJ)まで遡ります。RTJを応援してくださった全国の不動産業界の皆さんとの情報共有の場として、当時RTJの中に「不動産メーリングリスト」が開設されていましたが、JBAはその時の主なメンバーの方々と共に設立されたのです。
 当時アメリカでは、消費者目線に立った不動産仲介の新しい形として、バイヤーズ・エージェントという考え方が急速に普及してきていましたが、その先駆けとして立ち上がっていたIRED(Internet Real Estate Directory)から多くを学びましたし、その創設者であるMs. Becky Swann(2011年3月に亡くなりました)から色々とお知恵を借りることもできました。
 
 さて、インターネット上での不動産ビジネスの有り様がこの10数年間で激変してきたことは申すまでもありません。情報検索の多様化・高度化はもとより、AI時代の到来で、私たちの手作り的なコミュニケーションにも一定の限界が見えてきました。
 そのような時代背景を踏まえ、これまでの日本バイヤーズ・エージェント協議会としての活動を、2018年12月末をもって終了することにしました。
 つたない回答でも役に立ったと支援してくださった多くの消費者の方々、サポートしてくださった業界の皆様、長い間本当にありがとうございました。
 
 私たちJBAは、2019年春をめどに、名称、陣容、活動内容等を大きく変え、これからの新しい生き方、働き方、暮らし方などに関わっていこうと考えています。取り上げるテーマはこれまでと少し違うかもしれませんが、運営という意味では、従来同様「手作り」的になると思います。
 形が見えてきましたら、ご報告させていただきます。
 何はともあれ、長い間ご支援くださった多くの皆様、本当にありがとうございました。新しくなりましても、引き続きご指導ご鞭撻下さいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
特定非営利活動法人日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
理事長 磯部裕幸