【公式】日本バイヤーズ・エージェント協議会

JBA事務局から皆様へのお知らせ

本部|3代目 理事長ご挨拶

 旅する活動家の私の個人活動は「こども工房🙂」ですが、もう一つ大事な活動があります。

 

 それが継承させていただいたNPO法人の日本バイヤーズ・エージェント協議会(長いので皆様JBAと呼んでます)の再スタートです。

 私は3代目の理事長を務めるのですが、初の女性、初の「非」不動産事業者になります。

 

 元々は事務局のお手伝いで、サイトの更新、メールマガジンの配信、無料不動産相談への回答などをやっておりましたが、世代交代の時がやってきました。

 実はNPO法人としての目標を達成してしまっていたんです。

 

 もちろんJBAだけの力ではなく、それ以外の皆様のご尽力が圧倒的に大きいのですが、目指していた不動産取引の透明性と、購入者が相談できる環境が社会的に整い、あとは現役の皆様に任せておけば良い状況です。

 

 そこで解散する方向だったのですが、まだ何かできるのではないかと言うことで、私が継承させていただきました。

 

 そして、約1年間を新しくスタートするための準備に使わせていただきました。

(もちろん、定款に定められてない動きはできませんので、今までのJBAで、やり残した部分を中心に活動しながらリサーチを重ねていきました)

 

 すると重大なことに気づいたんです!

 

 確かに不動産仲介の事業者の皆様の中ではバイヤーズ・エージェントの理念は浸透してきましたが、これから先のバイヤーズ・エージェントは、仲介事業者だけではない状況でした。

 

 特に移住で人気の空き家物件は、譲渡だったり、安価だったりするので、個人間売買が珍しくなく、まさにそれをサポートするかたちでのバイヤーズ・エージェントが必要な状況でした。

(格安の空き家物件を従来の取引で行うには、あまりに不動産屋さんのコストやリスクが高く、非現実的でした)

 

 という訳で、当初は法人名も一新する方向だったのですが、法人名はもちろんのこと、定款すら変えずにできるのではないかと模索した結果、まさに今の時代に必要なNPO法人にできそうです。

 

 私の活動はもちろん、お会いした皆様も、間違いなく魅力的な、日本の未来のために、社会のために、役に立ち必要とされるNPO法人を核とした活動になるはずです!

 

 ぜひとも皆様のご協力と、温かいご支援をいただければ幸いです。

 

2019年11月
3代目JBA理事長 草柳安子(くさやなぎ・ちよこ)